サラ金審査パスポートも身分証明書になるか

キャッシングベスト3

サラ金にお金を借りる際、パスポートも身分証明書になりますか?

今年から東京で一人暮らしを始めました、現在は20代でサラリーマンをしています。最近、会社の人と飲むことが増え金欠状態。少しお金を借りようかと考えています。現在、運転免許証を持っていません、けれどパスポートは持っていますサラ金でお金を借りる際はパスポートも身分証明書になるのでしょうか?

身分証明書はパスポートで大丈夫!

今年から一人暮らしはとても大変ですね。サラリーマンは会社の人とお酒を飲む機会が多いいですよね。特に一人暮らしとなると今まで支払わなくて良かったものまで支払っていかなくてはいけないので出費が激しそうですね。

サラ金、現代では消費者金融と呼ばれていますがこちらでお金を少し借りようとお考えの様ですね、審査の際の身分証明書はパスポートで全然問題ないのでご安心ください。審査には収入が証明出来るものも必要になってきます、返済を滞納しないでやれるかどうかの判断材料になります。会社勤めが長いのでこちらは問題のなることはないとは思いますが勤続年数も聞かれるかもしれません。

しかし何も問題がなければカードローンは即日利用する事が出来るのでとても便利ですよ。身分証明書の話に戻すと、パスポート以外に健康保険書などもあります。ただし写真のついてないものですと、もしかしたら住民票も提出してくださいと言われる場合もありますので注意してください。

申し込みもとても楽に出来る様になり返済や引き落としもコンビニで出来るので一人暮らしにはお守り替わりに持っているのもいいかもしれませんね。大変かと思いますが一人暮らしに早く慣れると良いですね頑張ってください。

サラ金はパスポートでも借りれる?使える本人確認書類を教えて!

サラ金では、一定額以下の限度額であれば、本人確認書類だけでお金を借りることができます。他からの借入がなければ50万円まで、他からの借入額の合計が100万円までならば、年収の証明書は必要ありませんから、これですと手続きもとっても簡単ですね。しかし、本人確認書類がなければどこでもお金を借りることはできません。これだけは必ず用意しておかねばダメなんですよ。

通常、どの消費者金融でも、また銀行でも、共通して本人確認書類として認められているのが、運転免許証と、健康保険証、そしてパスポートの3種類です。このいずれかがあれば、どこでも審査を受けることができますが、やはりこの中でも免許証が本人確認書類としては最も確実なようです。そのため、もしも免許証がなければ、保険証かパスポートという順番になるのです。

運転免許証はペーパードライバーの方でも持っていればこういう時に便利なのですが、免許を取っていない人もやはり居られます。その場合、本人確認書類は保険証かパスポートということになりますよね。病院にかかるには絶対必要ですから保険証のない方は居られないでしょうし、保険料さえ支払えば誰にでもすぐに国民健康保険証をとることはできますので、免許証のない方は、殆どが保険証を本人確認書類として使っていると思われます。

そのため、案外パスポートを確認書類として使う方が少ないのですが、ちゃんと利用可能なんですよ。また、国民健康保険証は、企業の社会保険の保険証よりも評価が低いので、使わない方がいいという説もあります。この説に従うのなら、もしも免許証がなく、国民健康保険の加入者であれば、パスポートを確認書類に選んだ方がいいということになります。

ただし、ここで国民健康保険を隠したところで、雇用形態などから分かることは全て分かってしまいますから、さほど大きな意味があるとも思えません。しかし、場合によっては判別のつきにくい職種もありますから、この説が有効な場合もあるかもしれませんね。

パスポートは、もちろん期限内であることが必要ですよ。海外を頻繁に行き来する人でもなければ、パスポートは一度取得しても後は放置していることも少なくありませんが、長いものでも10年が期限ですから、しばらくぶりに出してみたら期限が切れていたということもありますよ。免許証のように更新のお知らせも来ませんから、意外と忘れてしまっているものです。その点には気をつけてくださいね。

また、今はネットでの手続きが主流ですが、パスポートを本人確認書類として選んだ場合、手続きに必要なページは3ページあります。外務大臣印のあるページと、顔写真入りのページと、所持人記入欄です。もしも、ここに書いてある住所などと、今現在のものが異なっている場合は、これ以外にも公共料金や税金の領収書、住民票など、印刷された公的な発行書類が必要になりますよ。特に長らく放置していたパスポートを使う際には、必ずこのようなことも点検してからにしてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※芸術を愛する気持ちを応援※ダンスローンなら金融紹介サイトへ All Rights Reserved.