現在の貸付残高調べるにはどうすればよいか

キャッシングベスト3

過去に利用していた消費者金融のカード貸付残高を調べるには?

現在使っているキャッシングカード、過去に利用していましたが最近は使っていません。多分なのですが借りた分は返済出来ていると思います…不確かではないので現在持っているカードの貸付残高を借りていた消費者金融に聞いてみた方が良いのでしょうか、又は聞かなくても調べられる方法はあるのでしょうか?

貸付残高はカードの利用者が会社に聞きましょう!

貸付残高については自分で聞く以外に方法はないと考えられます。または過去に利用してからだいぶ月日が経っているので完済されていて貸付残高が元に戻っている可能せもあります。意外と自分が利用した額は忘れやすいので常にわかるようにしておくのがベストなのかもしれませんが難しいですね。

貸付残高は一応、個人情報になってしまいますので聞かないで調べるのは難しいかもしれません。後は過去のご利用明細を残してあればそれで確認も出来ると思います。ない場合はやはりお電話で連絡をしなくてはいけません。

貸付残高は利用枠内の金額を使った場合、使える金額は残った額になります。例えば、100万利用枠があったとして20万お買い物で使った場合、貸付残高は80万と言う事になります。残高はネットなどで見れるものではないので明細書や自分で手帳か何かに記録するなどしないと分からなくなってしまうのです。会社に連絡してわかった後はきちんと記録に残しましょうね。

上手にカードを使って楽しいお買い物ができると良いですね。ちなみにご本人でない方が確認する場合は委任状の相当する証明書が必要になりますので注意しましょう。

消費者金融で借りる人は減ったか?貸付残高は過去の方が多かった?

消費者金融は、昔からサラリーマンなど一般の方達以外にも、銀行の融資を受けることのできない小規模の事業主の方が、手軽にお金を借りることのできる場所としてもよく利用されてきました。その後、何度も法改正を経て、高かった金利も基準まで引き下げられ、今は女性や若い人などにも幅広く、更に多くの方が安全に使うことができるようになっています。

しかし、その法律の改正や総量規制の導入によって、金利も引き下げられましたが、消費者金融では年収の三分の一以上の借入ができなくなってしまっています。借りれなくなったとはいっても、これは利用者にとって悪いことばかりではありません。既に借り過ぎで多重債務に陥っていた場合、これをきっかけに債務整理などの方法をとる方も多く見られます。このような方達の場合、このまま借り続けていても結局は債務整理という結果になったでしょうから、よいきっかけだったとも言えますね。

また、そこまでには至らなかった方達の場合、借入が停止することで家計を見直し、新たな借入なしでも何とかやっていくことがことが出来たようです。あるいは、銀行など、この法改正とは関係のない金融機関で新たにカードローンを利用するようになった方もいます。このような方達は、もしも以前のまま消費者金融で借りていたとしても、さほど問題なく利用できた方達なのかもしれませんね。

多重債務のように返済の為の借入という自転車操業に陥っている場合は別ですが、その方によっては、年収に対する借入額が多くても、さほど返済生活には負担にならない場合もあります。年収の三分の一という足切りの基準も、その人の年収額によってかなり意味合いが違ってきますよね。例えば、年収200万円の方と年収1000万円の方を比べると、同じ三分の一を借りたとしても、その返済が生活費に喰い込む度合いが違ってきます。また、その方の生活状況によっても差が出て来ることなので、全ての人が年収の三分の一以上借りれば破産するという訳でもありません。

このように、総量規制をきっかけに多重債務生活から抜け出した方も居られる一方で、年収の三分の一を越えても問題なく借りることのできた人も、消費者金融を使わなくなってしまったということが一方で起こっています。その結果、消費者金融の貸付残高は、この法律の導入後はがくんと減ってしまいました。最も多かった時期と比べれば、おおよそ三分の一くらいの残高になっています。

お金を借りる条件として、安心はどの方にとっても重要ですが、この安心には、慣れた・馴染んだという意味合いも含まれていますよね。新しくて便利なサービスも魅力的かもしれませんが、かといって、これまでずっと使って来た金融業者から簡単に乗り換えたりなどということは、普通は余りしません。法律改正さえなければ、ずっとそのまま借り続けたかもしれない人が離れてしまったことは、業者にとっては痛手だったはずです。また消費者の側にしても、殆どの人にとっては大きな問題がなかった一方で、実はヤミ金から借りるしかなくなってしまった人もいるのです。このようなことも、また新たな問題となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※芸術を愛する気持ちを応援※ダンスローンなら金融紹介サイトへ All Rights Reserved.